開運!なんでも鑑定団に出演した話。~川見店主、君原健二さんに会いに行く。(その1)



へるっ♪あにっさんばーでー♪へるっ♪
(なんでも鑑定団のオープニングはビートルズの『HELP』)

みなさん、こんにちは!

4月18日の「開運!なんでも鑑定団」ご覧になりました?
オリンピアサンワーズの川見店主が「鑑定士」で久しぶりに登場いたしました。
鑑定士としての出演はこれで3回目

・1回目 2012年12月 「金栗四三のマラソンシューズ」
・2回目 2013年05月 潮田玲子さんのお宝「ウサインボルトのサイン入りTシャツ」

そして今回の依頼人は五輪メダリストの君原健二さん。そのお宝は1964年東京オリンピックの記念スカーフでした。
このお宝に関するエピソードは後々に詳しくお話するとして、まずは、今回の出演の裏話を川見店主に聞いてみます。

川見店主
*****

――つーわけで、川見店主、おつかれさました。


川見店主:
「あー、緊張した。テレビ見るのコワかった。」


――鑑定士としては3回目の出演ですが、慣れないものですか?


川見店主:
「ぜっんぜん慣れないです。収録前は、緊張で倒れそうになってます。なんとか正気を保つために、スタジオの隅でジャンプしてます」


――番組では鑑定前の紹介ビデオで、東京五輪で活躍された名選手たちの映像が流れました。その中で短距離選手の依田郁子(よだ・いくこ)さんがレース前にサロメチールを全身に塗りたくったり倒立したりと、独特なルーティンを行う姿が紹介されてましたけど、川見店主のルーティンは「ジャンプする」なんですね。


川見店主:
「現役時代も、レースにのぞむ時はジャンプしてましたね。」


――それ、陸上競技のスタート前にやってる選手は見ますけれど、普通の場所でやったら周囲の人は変に思うんじゃないですか?


川見店主:
「他の鑑定士の先生方から『緊張がうつりそうだから落ち着いてください』って言われてしまいました(笑)。」


――放送をご覧になられたみなさまからは、メールや電話をたくさん頂戴してます。
「感激して興奮しながら見てました!」
「元気そうでよかった!」
「川見店主が鑑定士の席にふつうに座ってて笑った!」
等々、おおむねご好評いただいたようです。


川見店主:
「ありがとうございます。みなさんに喜んでいただけましたら幸いです」


――今回のお宝も素晴らしいものでしたね。


川見店主:
「依頼人はあの君原健二さんですからね!私たちの世代にとっては、憧れ尊敬大スターです。」


――君原さんの存在なしに日本マラソンの歴史は語れません。偉大なランナー、レジェンドですものね。


川見店主:
「テレビとか出るのめっちゃ苦手ですけど、君原さんに会えるなら!って思って、今回はがんばりました。」


――鑑定の公正さを保つ意味もあると思うのですが、依頼人と鑑定士は、収録本番以外ではまったく接点を持てないんですよね?


川見店主:
「そこは番組の担当の人に『収録が終わったら絶対に君原さんに会わせてくださいよね!その条件が叶わなければ出演しませんからね!』って前もって脅しておきました(笑)」


――君原さんは、1964年東京オリンピックの開会式で日本選手団が着用した真っ赤なブレザーと真っ白なスラックス姿で登場されました。


川見店主:
「収録がはじまって、スタジオに入られるその君原さんの姿が見えたら、私、ひゃーーーっつ!ってなってしまって。」


――ひゃーー!ですか。


川見店主:
「思わず拍手したらスタッフの人から『鑑定士の席で騒がないでください』っておこられました。」


――あの席ではしゃいでいる鑑定士は見たことないです。


川見店主:
「だって、憧れの君原さんが当時のままの姿でいらっしゃるんですよ!子供の時に見た東京オリンピックの感動とか興奮とか、そんなものもぶわーーーっと全身によみがえってきて、鳥肌が立って、わーーーーーっ!きゃーーーーっ!って舞いあがって……」


――なんかもう、ずいぶんな状況ですね。


川見店主:
「……こからのことはなにも覚えてないです

舞いあがりゆであがる川見店主



――君原さんが登場された時、スタジオでも歓声があがってましたね。東京五輪から53年経ってもなお、当時の服を着れるってスゴイですよね。


川見店主:
「昨年も君原さんは75歳にしてフルマラソンを5時間切って完走されてます。ずっと鍛えておられるんですね。さすがだなー、すっごいなー、かっこいいなー、きゃーーーっ!わーーーーっ!ですよ」


――(笑)収録後には君原さんにお会いできました?


川見店主:
「はい、ちゃんと会わせていただきました。」


――どんな方でしかた?


川見店主:
「実は、今回の収録前に色んな人に連絡してたら、君原さんの講演を聞いたことがあるっていう方が何名かいらっしゃって、みなさん異口同音にこうおっしゃるんです。『素晴らしい人でした』『実直な方でした』って。もう、そのままな方でした。オーラすごい!近くにいるだけで、背筋が伸びました。きゃーーーーっ!」


――何かお話できましたか?


川見店主:
「私、そんな状態でしたからね。聞きたい事いっぱいあったのに、なんにも話せてないです。でも、オリンピアサンワーズのTシャツをプレゼントしようと思って、持って行ったら受け取ってくださいました。そして、このTシャツにはサインを入れてくださいましたよ!」

オリンピアサンワーズTシャツに君原健二さんからいただいたサイン
サンワーズTシャツに君原健二さんのサイン

――おおおおおおおお!「努力を糧に ゴール無限」と!


川見店主:
「一緒に写真も撮ってくださいました」

川見店主と君原健二さん
川見店主と君原健二さん

――うわぁ!君原さん、カッコイイですね!


川見店主:
「ほんっとに。立ち姿もとてもキレイで。素敵な方でした!」


(つづきます↓)
・その2 1964年東京オリンピックのポスターとスカーフの話

次の記事
« Prev Post
前の記事
Next Post »
0 コメント