2019年NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」に協力した話。



今から1年半くらい前の話。

2015年秋のある日の夕方。
その電話は東京からだった。
受話器の向こうの男性は、某テレビ局のドラマ番組制作部の者だと名乗った。

その人の話はこうだった。

ある番組の制作にあたり、マラソンのことを調べているうちに、金栗四三さんとハリマヤの関係を知った。さらに調べる中で、オリンピアサンワーズのブログを見つけ、非常に興味深く読んだ。金栗さんとハリマヤとの出会いが、その後、1964年の東京オリンピックや今のマラソン選手たちにどんな影響を及ぼしたのか興味が尽きない。できれば、ハリマヤに関する資料を拝見させてもらえないだろうか――。



川見店主はこたえた。

「わかりました。ぜひ素晴らしい番組を作ってほしいです。できることはなんでも協力します。」

「ありがとうございます。番組化できるように励みます。」

その後、川見店主は店に現存するハリマヤの資料を惜しみなくテレビ局へ送った。
その人からは、すぐにメールが届いた。

「素晴らしい資料の数々を拝見しました。想像していた様々な出来事が、現実のものとして目の前に浮かびあがってくるようでした。番組制作部では、金栗さんとハリマヤさんのことをさらに調べていこうと動き始めております。」

その後も、その人との連絡はつづいた。
その人から届くメールにはいつも、丁寧なお礼の言葉と共に、番組制作への思いが、熱く、綴られていた。


*****

2017年4月、ある日の午後。

Sさんと、Sさんのお母様が、ウォーキングシューズのフィッティングにご来店された。
Sさんご一家は、高校生の娘さんも中学生の息子さんも陸上競技選手、ダンナさんはマラソンでサブ3.5ランナーで、3年前からご家族みなさんのシューズをフィッティングさせていただいている。

この日は、川見店主がテレビ東京「開運!なんでも鑑定団」の番組収録から大阪に帰ってきた翌日だった。川見店主は、あの五輪メダリスト・君原健二さんのお宝を鑑定した興奮がまだ冷めていなかった。



気心知れたSさんと川見店主は、テレビ収録の裏話で会話が弾んだ。


Sさん:
「へー、また鑑定士で出演されるのですね!放送が楽しみです!」


川見店主:
「恥ずかしいです。テレビの収録は、いつも緊張して倒れそうなんですよ。」


Sさん:
「そんな風には見えないですけれど(笑)。あ、テレビで思い出しました。昨日のニュースで見たのですけど、2019年NHKの大河ドラマは、金栗四三さんのお話なんですってね。」

【金栗四三(1891-1983)】
日本人初のオリンピック選手。箱根駅伝や多くのマラソン大会実現に尽力、ランナーの高地トレーニングをいちはやく導入・実践するなど、生涯を通じて日本を代表する長距離走者を多く育成した。日本マラソン発展に尽くした功績から「日本マラソンの父」と称される。生涯に走った距離は25万キロ。また、女子体育の普及など近代日本の体育振興・発展の礎(いしずえ)を築くなど先見性に富んだ教育者でもあった。


川見店主:
「そうなんですか!知りませんでした。」


Sさん:
「金栗四三さんって、川見さんが『開運!なんでも鑑定団』に初めて出演した時に鑑定した、マラソンシューズの人ですよね?」

2012年、川見店主が鑑定した「金栗四三のマラソンシューズ」


川見店主:
「そうです。鑑定したのは金栗四三さんが履いていた『ハリマヤ』というメーカーのマラソンシューズです。今から100年ほど前に、金栗さんと『播磨屋(ハリマヤ)』という足袋屋さんから日本のランニングシューズの歴史がはじまりました。」


Sさん:
「そんなドラマがはじまったら、金栗さんやハリマヤのことで、また色々とテレビ局から問い合わせが来るかもしれませんね!」


川見店主:
「あ!そういえば、もう1年半くらい前に、NHKさんから電話がありました。金栗さんとハリマヤの歴史を教えてほしいって。それで色々と資料を送ったりしました。」


Sさん:
「じゃあ、もうすでに、ドラマの制作に関わってるんじゃないですか!」


川見店主:
「その時は、『1時間くらいの番組で紹介されるのかなー』って思ってました。それにもうずいぶんと前の話なので、すっかり忘れてました。まさか大河ドラマになるなんて!


――こんな会話のあった翌日。

NHKの"その人"Wさんから電話があった。

Wさん:
「ご連絡が遅くなり申し訳ありません。この度は大変にお世話になりました。やっと、番組が実現する運びとなり、先日、ドラマの制作発表を行いました。」



川見店主:
「存じあげております。ビックリしました。まさか大河ドラマのお話だったなんて!」


Wさん:
「大河ドラマとしては33年ぶりに近現代を舞台にします。時代劇と違って時代が近く、またオリンピックに関しては調べる資料も膨大にあるので、作家も脚本に苦労しています。」


川見店主:
「それだけにセットや道具の再現には、より緻密さが求められることでしょうね。うわー、大変そうですねー!」


Wさん:
「そのとおりです。ですから、これからもぜひともご協力をお願いします。」


川見店主:
「わかりました!私にできることはなんでもします!」


*****

つーわけで、2019年1月からはじまるNHK大河ドラマに「いだてん ~東京オリムピック噺(ばなし)~」が決定です!

日本人で初めてオリンピックに出場したマラソン選手・金栗四三役に中村勘九郎さん、日本に初めてオリンピックを招致した田畑政治役に阿部サダヲさんのW主演!全50回の放送予定!

脚本は宮藤官九郎さん、主演は金栗四三役に中村勘九郎さん、田畑政治役に阿部サダヲさん

――いやー、楽しみですね、川見店主!大河ドラマですよ、大河!


川見店主:
「ビックリですね!100年前に日本のマラソンがどんな風にはじまったのか、1964年の東京オリンピックがどのようにして実現されたのか、それがドラマになるんだからワクワクしますね!」


――「日本マラソンの父」と称される金栗四三さんの生涯は、ユニークなエピソードに事欠きません。おもしろくならないわけがないと思います。


川見店主:「金栗さんは、初出場したオリンピックのマラソンを途中棄権したけど申告しなかったので、レース中に『消えたランナー』とされました。その後、『54年8カ月6日5時間32分20秒3』の年月を費やしてそのレースをゴールされた話が特に有名ですね。」


――金栗さんって、箱根駅伝の創始者なのですよね?


川見店主:「金栗さんは生涯を日本の長距離走者育成に懸けられた方です。その育成方法のひとつが駅伝でした。金栗さんが発案された箱根駅伝は、実は『アメリカ大陸横断駅伝』という途方もない大会を実現するための予選会としてはじまったのだそうですよ。」


――なんかもうエピソードのスケールが大きいですね。


川見店主:
「そのスケールの大きさは、金栗さんの情熱の大きさなのでしょうね。それに、箱根駅伝だって、今でこそテレビ中継もあって華やかに演出されてますけれど、当時は道路も舗装されてなかったのだから、走る選手も大会運営もそれはそれは大変だったと思います。」


――そんなこんなが、どんな風にドラマ化されるんでしょうね。


川見店主:
「日本マラソンの発展とオリンピックの実現に尽力されてきた方々の歴史が、立体的な映像として私たちの目の前に立ち現れるなんて、想像しただけでワクワクです。ホンットに楽しみです!」


――川見店主からNHKさんに「こんなところをドラマ化してほしい」っていうリクエストはありますか?(笑)


川見店主:
「私としては、ハリマヤの創業者である黒坂辛作(くろさか・しんさく)さんの功績にも光が当たってほしいと思います。金栗さんと黒坂さんの試行錯誤から誕生した『マラソン足袋』、その開発の苦労話とかもドラマに再現されたら、すごくおもしろいと思います!」

【黒坂辛作】
1903年、東京文京区に播磨屋足袋店創業。金栗四三は黒坂の作る足袋で1912年ストックホルムオリンピックのマラソンを走った。以来、黒坂と金栗は共にマラソンシューズの原点とも呼べる「マラソン足袋」を研究開発、このマラソン足袋は1950年代はじめ頃まで日本の歴代ランナーたちに長く愛用された。


――ドラマは、3つのオリンピック大会を話の中心とした3部構成で進むそうです。

第1部:1912年ストックホルム大会(金栗四三さんが日本人初のオリンピック選手として参加)
第2部:1936年ベルリン大会
第3部:1964年東京大会

人類が2つの世界大戦に直面した激動の時代を背景に、50年にわたる壮大な物語が展開されるとのことです。


川見店主:
「脚本は、あのクドカンさんなのでしょう?期待しちゃいますね!なにかお力になれたことがあるなら光栄です!」


――ここはぜひともですね、NHKさんにはドラマのオープニングで店の名前を出してほしいところですね。こう、ざっぱーん!ときて「オリンピアサンワーズ!」みたいな。



川見店主:
「まぁ、そこまでとは思ってませんけれども(笑)。」


――いやいや、このブログに書くことで既成事実にしておきたいと思います。「NHKさんに協力したぞ!」っていう(笑)。


川見店主:
「それはともかく(笑)、こんな機会は二度とないでしょうから、オリンピアサンワーズはこれからも『いだてん』のドラマ制作に全面的に協力します!そして2019年は『いだてん』を存分に楽しんで、来る2020年の東京オリンピックをみんなで盛り上げていきたいと思いまーす!」



次の記事
« Prev Post
前の記事
Next Post »
0 コメント